▶ 秋、始まる。 〔21.10.10〕

あ。どうも、ウィークです。


前回の日記はこちら
◆ いらっしゃいませのコトバ。

コントレイルはこの秋2戦で引退。
グランアレグリア、クロノジェネシス…どこかで一度は見たかった。。
Today's Theme1  POG

アートハウス。
調教で疑問を持ったが歩いている映像は好印象だったので
パドックまでは半信半疑もパドックを見て安心。
気になるのは馬名由来が「アートハウス」ってどういうことだ。。
三嶋牧場の一番馬…ロンがいるはずなのに本当なのか…と思ったが
これは本当の可能性が出てきた。
短距離はセリフォス。牝馬クラシックはこの馬。
…川田騎手&中内田厩舎コンビですか。

ローゼシュティア。トーセンラーの期待馬。
中山のほうが合うイメージはあるので
冬から春にかけての牝馬重賞に挑戦できる馬になってほしい。


メイショウホーコンは血統通り…の印象はあるので
早い時計勝負の阪神となると疑問はつく。
ある程度格好はつけられると思うが…。
Today's Theme2   凱旋門賞

パドックをあまり見れない映像だったけども
とりあえずは日本馬の仕上がりは?
正直、勝てる予感はしなかった。

もっと向いているであろうドバイシーマクラシックで
ミシュリフに負けた時点と有馬記念も
「思ったほど」強くなかったことからも
クロノジェネシスは中距離ホースなんだと改めて。
今の日本ではクラシックディスタンス…で強い馬はいないんだろうと。
日本の芝は牝馬が活躍していますが
凱旋門賞に好走した馬に牝馬がいないので。。

ディープボンドは結果からもですが反動が出たなと。
無事に戻ってほしいです。

アダイヤーはニエユ賞を回避した影響もあり
キングジョージの圧倒するものがなく少し残念。

スノーフォールは初めて良く見せたがディープインパクト産駒だなと。

勝ち馬…レース後に見てもこの馬が勝つとは言えない。
勝ち馬は小柄で大柄を連れて行ってはダメなのか。
オルフェーヴル、ナカヤマフェスタのような馬体か…。


ディープインパクトの血を大事にしすぎて
日本競馬は全体的に距離が短めシフトに強くなって
長距離が弱くなったなと。
クラシックを狙うディープインパクトの早熟さが
凱旋門賞に挑むであろう古馬の秋には続いていないのも。。
◆ 去り際の一言

りんどう賞を勝ったダークペイジ。
良いスプリンターになれる素質はあるけど
これからはマイルに向かうはずで…躓いて立て直しができるか…。
2着エンロールも悪くない馬で…面白いレース。
新潟2歳帰りのタガノフィナーレが出遅れるとは…。。
毎日王冠

◎ シュネルマイスター
○ サンレイポケット
▲ ダノンキングリー

京都大賞典

◎ アリストテレス
○ ヒートオンビート
▲ ステイフーリッシュ

◆ Infomation

Update  21.10.10
Since  05.09.30
ウィーク出没警報  大分市内
次回更新予定 10/17
SEO [PR] !uO z[y[WJ Cu